保険会社の提示金額は確定事項ではない

記事リスト

2018年06月28日
着手金無料の弁護士なら費用を抑えられるを更新しました。
2018年06月28日
保険会社の提示金額は確定事項ではないを更新しました。
2018年06月28日
弁護士に任せておけば自分は治療に専念できるを更新しました。
2018年06月28日
加害者側との交渉も一任できるを更新しました。

カテゴリ

カレンダー

2018年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

保険会社の提示金額は確定事項ではない

» 詳細はコチラ

弁護士に任せておけば自分は治療に専念できる

» 詳細はコチラ

加害者側との交渉も一任できる

» 詳細はコチラ

着手金無料の弁護士なら費用を抑えられる

» 詳細はコチラ

交通事故で弁護士に交渉依頼する場合の費用について

弁護士というとイメージ的に敷居が高く、日常生活ではあまり接点はないのは通常ですが、一般人でお世話になる可能性が高い事例は交通事故です。交通事故に合ってしまい、通院が長引いているとき、また後遺障害が残ってしまうような事故の場合は、弁護士に間に入ってもらうケースが多くなっています。
一般的に費用の心配があると思いますが、交通事故の場合は多くの場合成功報酬制で、回収した保険金や賠償金の額に応じて発生することになり、最初の着手金がかからないため、手持ちのお金がない場合も安心です。
また成功報酬制でも、回収した全額をを基礎とする場合と、交渉により増額した金額を基礎とする場合があり、前者の場合は10%、後者の場合は20%程度が相場となっています。特に後者の場合は、弁護士に交渉をお願いして増額した分の20%を支払うということになるので、弁護士に依頼をすることで損をしてしまったなどということはあり得ないため安心です。
また通常弁護士に相談する際には相談料がかかりますが、交通事故では初回相談が無料である場合が多く、相談だけしてみるということも可能です。交通事故専門の弁護士事務所などもあるので、弁護士に依頼するかどうか迷っている方は、とりあえず相談に行ってみることをおすすめします。

交通事故があったらまず弁護士に相談するべき

皆さんは、交通事故があった場合どういった処置をされますか?警察に電話し、相手方の方と相談をすると思いますが、弁護士に依頼し、相談することが大事です。弁護士に相談することで色々なメリットがあるので紹介します。一番ネックになってくるのが保険会との関係です。交通事故を起こした場合、保険会社へ相談することが先決と考えられていますが、弁護士に相談することでこの関係が悪くなるのではと考える方が多いです。ただ、保険会社が親切にしてくれるのは、「保険会社の提示金額」が基準より低くなっているからです。
皆さんは、自分の事故の相場が理解されていると思いますが、それは当然です。弁護士に相談することで、無料で相談できるところもありますので、そういった所で、一度相談してみてください。そして、保険会社と契約するのは相談した後にするようにして下さい。弁護士事務所によては着手金が無料。面倒な交渉ごとはすべて弁護士が請け負ってくれます。
相談後も、委任状を署名するだけで解決することができます。一番のネックである相手方とのやり取りや警察とのやり取りも弁護士の担当者が請け負ってくれるので、面倒くさい事故相手とのやり取りがある場合は絶対に弁護士を頼りましょう。

Copyright(C)2018 弁護士は交通事故当事者双方の落としどころを探してくれる専門家 All Rights Reserved.