加害者側との交渉も一任できる

記事リスト

2018年06月28日
着手金無料の弁護士なら費用を抑えられるを更新しました。
2018年06月28日
保険会社の提示金額は確定事項ではないを更新しました。
2018年06月28日
弁護士に任せておけば自分は治療に専念できるを更新しました。
2018年06月28日
加害者側との交渉も一任できるを更新しました。

カテゴリ

カレンダー

2018年11月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

保険会社の提示金額は確定事項ではない

» 詳細はコチラ

弁護士に任せておけば自分は治療に専念できる

» 詳細はコチラ

加害者側との交渉も一任できる

» 詳細はコチラ

着手金無料の弁護士なら費用を抑えられる

» 詳細はコチラ

泣き寝入りをするくらいなら法律事務所に駆け込もう

交通事故の被害に遭ってしまったときには弁護士に依頼をするのが今後、加害者側とさまざまな交渉を行っていくうえでとても重要になってきます。たとえば、交通事故の被害に遭ってしまい骨折などの怪我を負ってしまったときにはその治療費や慰謝料について加害者側の保険会社を相手に交渉を続けていく必要があります。
ただし、交渉の相手となる保険会社はいわばその道のプロであるため、法律に関する知識を持ち合わせていない被害者が直接交渉をしたとしても納得のいく慰謝料や示談金の提示を受けるのは非常に困難です。場合によっては相場よりはるかに低い金額を提示されてしまうことも少なくはありません。
被害者が泣き寝入りをする羽目になってしまうこともあるのです。そのため、不幸にも交通事故の被害に遭ってしまったというときには弁護士へ報酬を支払わなくてはならないというデメリットもありますが、素直に弁護士へに依頼をするのが一番です。弁護士に依頼をすれば加害者側との交渉事もすべて一任でき、慰謝料や示談金についても必ず納得のいく金額の提示を勝ち取ってくれるからです。交通事故の被害に遭ったときにはまずは最寄りの法律事務所にアポイントを取ったうえで弁護士に相談、依頼をするようにしましょう。

交通事故で弁護士に依頼するのはどんな場合か

通常、交通事故に遭った時、自分の入っている保険会社へ連絡しますよね。そうすると、保険会社が相手や相手の保険会社と示談交渉を行ってくれます。しかし、保険会社が介入出来ない事故があります。それは追突事故など、被害者側の過失がゼロの事故です。保険会社は被害者にも過失がある場合のみ、示談代行制度で対応が出来るのです。
また、人身事故の場合も、保険会社での示談代行は適していません。というのも、相手保険会社が提示する慰謝料は相場より低い金額の場合が多く、交渉で相場水準まで引き上げることは非常に難しくなります。
では、そんな場合はどうするか。そう、弁護士に依頼しましょう。依頼するタイミングは、過失ゼロの事故の場合は、早いうちから対応してもらう必要があります。また、人身事故の場合も、なるべく早く対応してもらうほうが賢明です。怪我などで通院している場合は、完治までの治療費を相手に負担してもらうことになります。また、後遺障害が残った場合の申請なども必要になります。これらで相手の保険会社とトラブルになるのを防ぐためにも弁護士がいると安心です。
交通事故に遭ったら不安でしょうが、落ち着いて対応しましょう。無料相談を受け付けている弁護士事務所もありますので、まずは相談してみるのも良いと思います。また、保険で弁護士特約を付けている場合は、弁護士費用の一部を負担してもらえますので、ぜひ利用するようにしましょう。

Copyright(C)2018 弁護士は交通事故当事者双方の落としどころを探してくれる専門家 All Rights Reserved.